FF14 レアなエーテリアル装備
ギルドリーヴの傭兵稼業、グランドカンパニーリーヴでは開始時に
宝箱が出現する事があり、青い箱からはエーテリアル装備が入手できます。
これにはダンジョンでは入手できない物が一部含まれており、
装備レベルよりアイテムレベルが高い良性能となっています。
続きを読む >>
FF14 14:02 comments(0)
FF14 カルン埋没寺院 攻略のコツ 〜ファイナルスピアも死の宣告も怖くない〜

突出して高い難易度でトラウマとして名高いダンジョンです。
この後のダンジョンが拍子抜けになる程。要点だけ、まとめます。
でも攻略法さえ知っていれば、意外と楽にクリアできます。
続きを読む >>
FF14 21:20 comments(0)
新生FF14 タンク役の立ち回りガイド
TANKこと剣術士(ナイト)・斧術士(戦士)は大事なポジションで
立ち回りは気を配らないといけない事が山ほどあるんだけど。

新生FF14ではネトゲ自体が初めてという人も多く居て
盾役のやり方を全く知らないままの人が珍しくない。
FATE産といって、まともなパーティを経験しない初心者のまま
LVだけ上げてしまう人が大勢居て社会問題になっている。

常に向上心や疑問を持ち、中の人も経験を沢山積んで
LVや装備に見合ったタンクの立ち回りを身に付けましょう。
 
続きを読む >>
FF14 00:12 comments(5)
新生FF14 プランダードイヤリングの代用品
低LV帯のソーサラー向け耳装備について。
LV28までレア装備のプランダードイヤリングしかなく高騰気味。
タイタンサーバーだと相場が1万Gでも売り切れが多いです。

LV29になるまで耳装備が無いというのは、スッキリしません。
そこでLV15〜17にあるギャザクラ向け耳装備に
ソーサラー向けマテリアを装着すると、同等以上の物を作れます。

比較画像(クリックで拡大)


『禁断のマテリア』という失敗率の高い装着を含みますので
マテリア自体の相場や、運次第で費用は大きく変わりますが
製作を依頼して1万Gも取られる事は、まずないでしょう。

もし1万Gを取られたとしても性能が上になりますし
プランダードはレア装備なので、所持者はロットできない点も。
低LV帯のIDを楽しんでいる方、拘りたい人にお薦めします。

ちなみにLV15のファングイヤリングだと
クリティカルやスペルスピードが上限にかかって+1に下がります。
どうせ禁断を積むなら、LV17のブラスイヤリングが良い感じ。
ケアルにもクリティカルは乗りますよ。
FF14 08:31 comments(0)
FF14 製品版を買わなかった訳
一ヶ月放置でしたゴメンナサイ>< FF11もFF14もやってないのでイマイチ書くネタもモチベも無いなって感じでした。せっかくなのでそうなるに至った心境でも書いてみます。今回はFF14について。

 FF14ですがβテストが酷すぎたので製品版は買っていません。よく「見切り発車なんだから、βなんだから改善されてくよ」と言われます。確かに重さやUIは改善可能です。でも、自分が嫌気がさしたのは既に修正不能な部分なんですよ。

実装済みの世界を一から作り直して差し替えたりする事はありえないし、こんなゲームを作り出した開発・運営の方針やスタッフが変わる事もないでしょう。それなら全く将来性が無いからです。



 世界のボリュームと作りこみ不足

 自分が特にガッカリしたのは世界の作りこみの無さです。エオルゼアの世界地図が公開されたとき、とてつもなくワクワクしたものです。この中にどんな国や村や草原や海や洞窟やらあって、そこにどんな人や生物や風景があるんだろうって。


しかし蓋を開けてみたらなんとフィールドが五つしかない。FF11でいうとサルタとロンフォとグスタと氷河とザルカしかない状態です。しかもそれぞれ無意味に広いだけで、同じ景観が延々と続く薄く伸ばしたようなマップ。

サルタとロンフォが隣接してるような物なので国家間の行き来が簡単すぎて達成感やドラマが無い。βテストだから途中のエリアが省略されてるのかな?という淡い期待も裏切られました。

マップが自然に切り替わるシームレスを謳ってたのに、それは国と隣接したエリアだけで他はFF11と同じ暗転して別エリアにワープする方式だったのも物凄くガッカリしましたね。


 グラフィックスが綺麗と言われます。確かに一見すると綺麗ですがPCの性能に因る部分が大きく、センスや作りこみが感じられません。作りこんでる部分もあるんですが自己満足的というかズレてるんですよね。世界設定や装備のデザインは渋くて良い感じだったんですが。それをゲームに落とし込む部分がダメというか。手抜き(または人手が足りてない)感が凄く強い。

発売時期が割と近かったのでよく引き合いに出されるゼノブレイド。

FF14が『薄っぺらい手抜きとオナニー』なら、ゼノブレイドのこれは『エンターテインメント』してます。プレイヤーにワクワクする非日常を体験してもらおうという意思と、その為にかけた手間がハッキリと伝わってきます。世界観や方向性の違いを考慮してもFF14は「どうしてこうなった」って溜息しかもう出てこない。

あ、三国のメインクエストのお芝居は見ていて楽しかったので、そこは動画で見れればいいかなと(笑)



 楽しんでる人はそれで良い
 
 上で酷評しましたが、ゲームとして遊べる状態にはなっているので楽しめる人は十分楽しめると思います。だからそういう人たちに水をさすような事はしたくないなと。PS3版を楽しみにしてる方もけっこう居るようです。過剰な期待は禁物ですが、試してみても良いんじゃないでしょうか。
FF14 12:41 comments(4)
1/3 >>




Pixivブクマ直近30件

Live Vana'diel





Profile
Category
Comment
Archives
Links
Favorite
Favorite
Favorite
Favorite
Mobile
qrcode
Other


Wii『朧村正』応援バナー 百姫