FF11 Maruna-Kurinaのスカウト講座
VU当日の記事にコピペを載せましたが、記事が長すぎるので分離を兼ねて
その時に触れそこねた事についても記事にしてみました。
マルナクリナがスカウト助言の後に教えてくれる「動向」について。

以下はネタバレになるので折り畳んでおきますね。


 ゲストの動向評価について

マルナクリナの講座で気になるのが、各キャラの助言の後の動向です。

(ちなみに最新情報では……
現在は[完全中立/王国軍に助勢中/共和国軍に助勢中/連邦軍に助勢中/獣人血盟軍に助勢中/]。)

(今後へのスカウト活動は[サンドリア/バストゥーク/ウィンダス/獣人血盟軍]が
[とても熱心に/熱心に/やんわりと]進めている ……らしいよ!)

(今後の動向は不明……らしいよ!)


ロイヤルティの段階は「とても熱心>熱心>やんわり>不明」の四段階か
または「不明」は特殊なゲスト専用での三段階の様ですね。

うちの鯖では野良に帰ったアズィマが「やんわりウィン」だったので
「やんわり」は一番高いけどスカウト成立には満たない国って事かな。
(=他国はもっと低いワケだから、どことも競合してない)

スカウト成立してるキャラは「とても熱心」「熱心」だったので
「熱心」がスカウト成立のボーダーかもしれないですね。
(=他国と並んでる際どい状態の可能性も有り)

獣人血盟軍に関する単語はルジーグらのスカウトが実装された時用かな。
こいつらだけ助言の後に動向に触れられていませんし。
あとマルナクリナ自身の動向も教えてくれないですね。

オーロラルアリコーンがどの鯖でも「不明」のままだそうなので
スカウト成立後に一定期間で野良に帰ると見られています。

あとスカウト特典について、シギルの追加オプションは増えてない様です。


以下はVU当日の記事からのコピペです。



マルナクリナのスカウト講座1


概ね既出の情報ですが、新情報もいくつか出てきています。

 連合軍で「ゲスト」と呼ばれている、在野の豪傑たちのことは知っているよね? 彼らは自由気ままでひどいときは敵にまわったりもするんだけど……天才軍学者としては彼らの力を利用しない手はないよね!……ということで、ぼくは独自の研究を重ねたんだ。彼らを自軍に引きこむ行為を「スカウト」と呼ぶことにしよう。そしてぼくはこの「スカウト」に関して、驚くべき心理学的法則を発見したんだ!

 ふふふ、解説しよう!ゲストたちはある国に対して、親近感あるいは信頼感のようなものを持ってるんだ。これを数値化したものを「ロイヤルティ」と呼ぼう!どこかの国の誰かがゲストの関心を引く行動をとると……その国に対するロイヤルティが上がっていく!一方、ほかの国へのロイヤルティは下がっちゃう。

 カンパニエ集計の時期になると、それにつられてゲストたちの移籍や移動も活発になるんだけど……彼らはその時点で自分の心のなかでもっともロイヤルティが高く、かつ、一定の水準をクリアしている国に味方するみたいなんだよね!ゲストの多くはスカウトされると、街に移動するみたいだね。もちろん、いちど別の勢力にスカウトされたゲストでも、次のチャンスを目指してスカウトを試みることもできるよ!逆にいえば、「釣った魚にエサはやらん」なんて油断してると、他国に引き抜かれたり、元の場所に帰っちゃったり!

 そんな気まぐれ屋さんなゲストたちだけどね! なかにはいったいどういう仕組みか、所属国の国庫……つまり「軍資金」がいつのまにか潤ってるという噂のあるゲストとか……兵士たちを鼓舞して国全体の「士気」を高めちゃうゲストとか……!ひそかに諜報活動を手伝って「情報力」アップに貢献してくれるゲストとか……貴重な物資を横流ししてくれるゲストとか!スカウト行為には、いろんな特典もあるんだよ!

 えっ?でも誰がどこにロイヤルティを持ってるかなんてわかりっこないって? ふふふ……その道の第一人者が、目の前にいるじゃない! ゲストの最新情報はぼくが独自の情報網を通じてこっそりおしえてあげるよ!……ま、そんなわけでみんな、ゲストさんは丁重にお迎えしようね!以上、マルナクリナのスカウト講座でした!

マルナクリナをスカウトすることで「ゲスト」たちの現在の所属先や、詳細な最新情報を聞くことができるようになります。



勧誘をすると他国のロイヤルティ(信頼度)が下がる、というのと、
ティタニア以外のスカウト特典の内容が新情報ですね。
以前に噂になったテンポラリアイテムの追加は本当だったみたい。



マルナクリナのスカウト講座2

・カゲトラ(Kagetora)
エルシモ島出身のヒュームの海賊で、由緒正しき忍者の血を引くとか。ある人物を追って、この地にやってきたという噂!無愛想な男だけどジュノにある天晶堂……えっと、わかるよね?……の関係者だったり、[???]を渡してみたりすると話のきっかけがつかめるようだね!

・ダルザック(Dalzakk)
知るヒトぞ知る遍歴の修道僧、オグビィ(Oggbi)に格闘術を学んだという、「冒険者」を名乗るガルカだよ!ソロムグ原野で走り込みをするのが日課らしい。「士気」の高い軍の人に話しかけられると、じっとしてられなくなるらしいね。あと、自分と同じ、拳のワザをきわめんとする者とは話があうみたいだよ!そうそう、師匠が応援に駆けつけることもあるんだってさ!「ヒロイズムゲージ」に注意して観察してみて!

・ライニマード(Rainemard)
かつては名の知れた神殿騎士だった男だよ。……実はぼく、むかし同門で学んだ仲なんだ!べべべつにライバルとかそんなんじゃないよ!前に会ったときは野暮用でジャグナー森林に行く、って言ってたなー。また、危ない話に首を突っこんでなきゃいいけど……赤魔道士のヒトだと話があうかもね。あとね、あいつ、かわいい娘さんがいて……ふふ、すっごい親バカなんだ!

・マート(Maat)
むっ、マートを知ってるの?まだ小さな漁村だったころからジュノに住んでいて、あらゆる武術をきわめた格闘家という噂だよ!ぼくも北グスタベルグで会ったことがあるよ。でもあのヒト、たしかジュノ大公に大事なおシゴトを任されてたような……ふらふら出歩いてていいのかなぁ?ときどき戦場に彼のライバルが乱入するらしいよ。たしか、ハーゲン……じゃない、デーゲンハルト(Degenhard)だ!ヒロイズムゲージと関係あるね、きっと!偉大ななんとかっていうパピルスを集めるのがシュミらしいよ。あと、3つ以上の道をきわめたツワモノには一目置くことにしてるんだってさ!

・アズィマ(Azima)
バストゥークで「コンシュタットの魔女」と呼ばれて畏れられるスゴ腕の賞金稼ぎだよ! 北グスタベルグあたりでよくみかけるって噂だよ。近ごろはなんでも「錬金術」がマイブームらしくてね……心得があるヒトと、仲よくしたがってるらしいよ!

・チョ・モーイ(Choh Moui)
南方で名をはせたミスラの獣使いで、「蟲匠」の異名を持つ有名人さ!いまはクロウラーの巣に住みついているよ。理由は定かでないけどダスクレイヴン(Duskraven)という傭兵とよく連絡を取りあっているようだね。機能性にすぐれた餌薬の開発者らしくて、その材料に関心があるみたい。あと、彼女のペットの虫を回収してあげるとよろこぶらしいけど……何をたくらんでるんだろ?

・ロンゴナンゴ(Rongo-Nango)
カルゴナルゴ城砦の近くでよくみかける、タルタルの獣使いだよ! かつてのウィンダスの大戦術家、ルンゴナンゴ(Lungo-Nango)元帥に心酔しているらしいね。でもルンゴナンゴは元老院と対立して、晩年は悲しい末路をたどったんだ。そのせいか彼も大のウィンダス嫌いで、連邦軍へのスカウトは不可能……って評判だね。ぼくの独自調査によると彼がよろこぶ“袖の下”はね……獣使いのワザ、「よびだす」に必要なアイテム! これだね!

・ウラ&キリッチ(Ulla & Kilhwch)
天啓を受けた謎のヒュームの少女と、つき従う遍歴の騎士だよ!ウラさんは最近、生まれ故郷のバストゥークを離れてサンドリアに流れてきたって話。従者のキリッチさんはエクスカリバーという名剣を持つ勇猛な騎士なんだけど……そんな彼がどうして忠誠を誓うことになったんだろうね?ウラさんはお花にとても愛着があるみたいだから、仲よくなりたかったらお花をプレゼントするといいよ!

・アシュテル(Achtelle)
西のアドゥリン島から来たという、エルヴァーンの若い女性だよ!「蛟騎士」という、西方につたわる武術の流派の使い手なんだって!かつてのサンドリアの英雄ランペール(Ranperre)王に心酔していて龍王の墳墓の前に、よくたたずんでいるね。彼女は龍王ゆかりの品を見せてあげるととてもよろこぶよ! この大陸では命脈を絶ってしまった、「竜騎士」と出会うことを切望しているらしいんだけど……

・ダスクレイヴン(Duskraven)
「巨門」という強力な両手剣を携えた、不気味な傭兵だよ……バタリアにたたずんでることが多いけど、どこから、なんのためにやってきたのか、誰も知らないんだ……ダスクレイダー(Dusk Raider)と呼ばれる手下がたくさんいるほか、裏の世界にも顔がきくらしい、謎の男なんだよ。傭兵らしく、おカネをたくさん積めばスカウトできるよ!でも金銭の管理はルーズで、実はおカネにまったく執着してないみたいなんだよね……不思議。

・アレヴァト(Areuhat)
神秘的な雰囲気を漂わせた、エルヴァーンのうら若き女性だよ。グロウベルグの洞窟で会えるらしいよ!スゴク虚弱な体質らしくて、飲み薬をあげると感謝されるよ!ぼくも試してみたからまちがいない!あと、グロウベルグを防衛する軍をひいきするとか、一部の狂信的ファンがあるモノを大量に貢いでるって噂もあるよ!それから彼女の参加する戦場には、巨龍が出現するという噂があるんだけど……よかったらたしかめてくれない?「ヒロイズムゲージ」に注意して、戦場へGoだ!

・ティターニア(Titania)
バストゥークにつたわるかの名戯曲、「真冬の夜の夢」で知られる妖精の女王の名前だよ!……って、あくまで物語のなかのお話ね。妖精なんて実在しないよ。えっ、実際にみた!? 怖いよ! 冗談はやめてよ!グロウベルグにある「幽境の沢」に妖蟲のフラスコをささげるとスカウトできる、っていう噂も聞いたけど……べべべつに興味ないよ! 妄想か幻覚か虚構だよ!

・ポロッゴプリンス(Poroggo Prince)
ウィンダスに古くからつたわる、「蛙姫」という童話があってね。その主人公がポロッゴという名前の、カエルそっくりの獣人のお姫さまなんだけど……いや、最近さ……そのカエル獣人? ……の王子さま?? ……が戦線に参加してるって噂が飛び交っててね。……いや妄想か幻覚か虚構だと思うけど!西サルタバルタにいるお腹をすかせたおつきの者たち……つまりカエルだけど……に[???]をあげると王子さまが恩返しに来るっていう噂があるんだ。べべべつにぼくは興味ないよ! きっと妄想か幻覚か虚構だよ!

・ババン・ナ・ウェイレア(Babban Ny Mheillea)
戦場でなぜか人間に味方する、不思議なプラントイドがいてね。西方に棲息するという、マンドラゴラの亜種によく似た外見なんだけど……あっ……もしかして信じてない!? この目でちゃんとみたんだから!妄想でも幻覚でも虚構でもないよ! 信じてよ!メリファト山地にある不思議な新芽に[???]や肥料をあげると、お礼に助太刀に来てくれるという情報もあるよ!この地に何をしに来たのかなー? 気になるなぁ……べべべつに時間があったらストーキングして調べてみたいとか思ってないよ!

・ぼく
え、ぼく!?ああ、そっか。ぼくもゲストみたいなもんか!あはは。うーん、軍学を生業とするヒトにはシンパシーを感じるね。……べべべつにライニマードがどこにいるかとかは特に気にしてないからね!

・オーロラルアリコーン(Auroral Alicorn)
「一角獣」と呼ばれる一本角を頭に生やした獣たちがいてね。体色が黒いのとか白いのとか、いくつか種類があるんだけど……近ごろ目撃報告が相次いでいる黒いのは、ダークイクシオン(Dark Ixion)。気性が荒くて、敵味方両軍に恐れられているね。で、その逆に白いのがオーロラルアリコーン(Auroral Alicorn)さ!イクシオンとは正反対の穏やかな性質で、人前に姿を現すことなんてめったになかったんだけど……実は最近、そのアリコーンが、戦場に姿をみせているらしいんだ!……ジャグナーの森で、傷ついた身体を休めているのをみたって人もいるよ!

・ルーウェンハート(Lewenhart)
戦場をめぐり連合軍の士気を鼓舞してまわる、ヒュームの吟遊詩人だよ! 素晴らしい歌をうたうと兵士たちのあいだでも評判なんだ!エルディーム古墳のとあるお墓の前で、鎮魂の歌をささげている姿をよくみかけるって話だよ!鎮魂のための聖水を献上するとよろこばれるよ! あと、同業者のことはやっぱり気にかけているみたいだね!

・フェリアスコフィン(Ferreous Coffin)
托鉢で得た「パン」を糧に、巡礼をつづけてる高僧だよ!でも、祝詞をあげつつ笑顔で敵を葬るもんだから……破戒僧じゃないの、って言うヒトもいるね。まあ、バタリアの古碑を訪ねてはるか北方の大陸から渡ってきたらしいから、熱心な女神信者だってことはたしかだと思うよ!ふだんは無愛想なクセに、同業の白魔道士のヒトには何かと力を貸してやってるらしいしね!

・ブードリクス(Boodlix)
(……え、 ブードリクス社長? ああ、例の商社の……)
(えと、その…… いわゆる死の商人だよ……とある秘密要塞で おカネの計算をしてるトコが目撃されてるね……)
(……え? 味方にスカウトしたい!? うーん…… まぁ、連合軍にも太いパイプがあるらしいけど…… 敵にも通じてるし、危険な気がするなあ……)
(でも戦争が 終わっちゃったら、軍需商社の経営者も 食いっぱぐれだしね……ああいう手合いは どちらにも寝返る可能性があるなぁ……)

・ルジーグ王(Raigegue R d'Oraguille)
狼王ルジーグはかつてのサンドリアの王様! 150年以上前のね!戦史を修めた者にはおなじみの名前だよ。第二次コンシュタット会戦でバストゥーク共和国の名軍師、シュルツの計略の前に敗れ去り、その後、サンドリアの長い内戦時代を招いた悲劇の王……としてね。近ごろ、その狼王の亡霊がよみがえって、エルディーム古墳に出没してるという噂があるんだけど、本当かなぁ。きっと幻覚じゃない?え、スカウト方法!?大胆だなぁ! そんなことできるわけ……うーん……ないとは言い切れないか……

・エウリュトス(Eurytos)
北方からやってきた巨人傭兵団の剛将だよ! 獣人血盟軍に雇われてたはずなんだけど……最近の動きをみてると、血盟軍の指揮系統から完全に切れてるような……?巨人族のあいだで神の血を引くとされるエリートだという噂もあるね!上陸地のブンカール浦を根城にしてるみたいだよ!第二次コンシュタット会戦では、バストゥークが巨人傭兵団を雇った、なんてこともあるからね……もしかして、連合軍にスカウトできるの……かなぁ?

・カイザーベヒーモス(Kaiser Behemoth)
ブンカール浦に何百年も前から棲みつき、「皇帝」の名を欲しいままにした、悪名高き巨獣だよ!やつを退治しようとして返り討ちにあった英雄や勇者は数知れず……古傷だらけの老獣で、往時の力はすでにないって噂だけど、絶対に油断なんかしちゃダメだよ!連合軍にスカウト!?……ちょっと、無茶なこと考えないでよ!でも味方にできたら……おもしろいね!


血盟軍側の四人はまだスカウトできなさそうな感じがします。
リストに名前があっても、それに関するテキストが無い状態。
FF11 スカウト 00:51 comments(0)
COMMENT













Pixivブクマ直近30件

Live Vana'diel





Profile
Category
Comment
Archives
Links
Favorite
Favorite
Favorite
Favorite
Mobile
qrcode
Other


Wii『朧村正』応援バナー 百姫